宅建合格講座

練習問題

問題番号 [0027]

所有権保存の登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 所有権の登記がされていない建物について、その所有権が自己にあることを確定判決によって証明できる者は、当該建物の所有権保存の登記を申請することができる。

2 土地の登記簿の表題部に被相続人が所有者として記載されている場合において、その相続人が複数あるときは、共同相続人の1人は、自己の持分についてのみ所有権保存の登記を申請することができる。

3 土地収用法による収用によって土地の所有権を取得した者は、直接自己名義に当該土地の所有権保存の登記を申請することができる。

4 1棟の建物を区分した建物の登記簿の表題部に記載された所有者から所有権を取得したことを証明できる者は、直接自己名義に当該建物の所有権保存の登記を申請することができる。

解答と解説

1 正しい。裁判所の確定判決によって所有権を証明できる者は、所有権保存の登記を申請することができるというのは、常識的に考えても、「正しい」と判断できるはず。

2 誤り。不動産登記法によれば、原則として、登記権利者である複数の相続人が、共有者として全員の持分を記載して登記を申請するものとされています。

3 正しい。これも選択肢1と同様、法律の手続きによって土地の所有権を取得した者は、所有権保存の登記を申請することができるというのは、常識的に考えても「正しい」と判断できます。

4 正しい。「1棟の建物を区分した建物」というのが聞きなれない言葉ですが、マンションのことです。この問題文は、マンションを買った場合をイメージすれば分かりやすいと思います。

この問題の正解は 2 です。


練習問題

問題番号 [0007]

買主Aと売主Bとの間で建物の売買契約を締結し、AはBに手付を交付したが、その手付は解約手付である旨約定した。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。

1 手付の額が売買代金に比べて僅少である場合には、本件約定は、効力を有しない。

2 Aが、売買代金の一部を支払う等売買契約の履行に着手した場合には、Bが履行に着手していないときでも、Aは、本件約定に基づき手付を放棄して売買契約を解除することができない。

3 Aが本件約定に基づき売買契約を解除した場合で、Aに債務不履行はなかったが、Bが手付の額を超える額の損害を受けたことを立証できるとき、Bは、その損害全部の賠償を請求することができる。

4 Bが本件約定に基づき売買契約を解除する場合には、Bは、Aに対して、単に口頭で手付の額の倍額を償還することを告げて受領を催告するだけでは足りず、これを現実に提供しなければならない。

解答と解説

1 誤り。手付の額に関わらず、解約手付である旨約定したという効力は変わりません。手付の放棄か倍返しで解約できます。

2 誤り。Bが履行に着手していないのだから、Aからの申し出によってもAは自分が損をすれば良いだけだから解除できると考えてみましょう。

3 誤り。損害の額に関わらず、手付金の「放棄」か「倍返し」によって契約を速やかに解除できるというのが解約手付の意味です。

4 正しい。実際に提供しなければ効果はありません。

この問題の正解は 4 です。


練習問題

問題番号 [0009]

Aが、Bに対する金銭債務について、代物弁済をする場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1 Aが、不動産の所有権をもって代物弁済の目的とする場合、Bへの所有権移転登記その他第三者に対する対抗要件を具備するため必要な行為を完了しなければ、弁済としての効力は生じない。

2 Aの提供する不動産の価格が1,000万円で、Bに対する金銭債務が900万円である場合、AB間で精算の取決めをしなければ、代物弁済はできない。

3 Aが、Bに対する金銭債務の弁済に代えて、Cに対するAの金銭債権を譲渡する場合に、その金銭債権の弁済期が未到来のものであるときは、弁済としての効力は生じない。

4 Bは、Aから代物弁済として不動産の所有権の移転を受けた後は、その不動産に隠れた瑕疵があっても、Aの責任を追及することはできない。

解答と解説

1 正しい。必要な行為を完了しなければ効力は生じないとされています。

2 誤り。当事者であるABが了承していれば有効です。

3 誤り。この問題文の場合でも代物弁済の効力は生じるとされています。「必要な行為を完了しなければ効力は生じない」という、1の問題文と間違えやすい難問ですが、弁済期が未だでも債権譲渡の効力は生じます。

4 誤り。BはAに賠償や代物弁済の無効を主張できます。

この問題の正解は 1 です。

以上、掲載された解答・解説の内容は、弊社編集スタッフの解答例や解釈です。

宅建試験の問題集の売上げランキング!

 

宅建合格講座