宅建合格講座

練習問題

問題番号 [0029]

地価公示法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 地価公示は、土地鑑定委員会が、一定の都市計画区域内の標準地について毎年1月1日における単位面積当たりの正常な価格を判定し、公示することによって行われる。

2 地価公示の標準地は、自然的及び社会的条件からみて類似の利用価値を有すると認められる地域において、土地の利用状況、環境等が通常と認められる一団の土地について選定される。

3 標準地の鑑定評価は、近傍類地の取引価格から算定される推定の価格、近傍類地の地代等から算定される推定の価格及び同等の効用を有する土地の造成に要する推定の費用の額を勘案して行われる。

4 都道府県知事は、土地鑑定委員会が公示した事項のうち、当該都道府県に存する標準地に係る部分を記載した書面及び当該標準地の所在を表示する図面を、当該都道府県の事務所において一般の閲覧に供しなければならない。

解答と解説

1 正しい。問題文の通りです。土地鑑定委員会、都市計画区域内、標準地、毎年1月1日、公示による、という地価公示のキーワードを覚えましょう。

2 正しい。問題文の通りです。標準地の定義です。

3 正しい。問題文の通りです。鑑定評価の方法についての基本的な事項。

4 誤り。当該都道府県の事務所ではなくて、当該市町村の事務所。

この問題の正解は 4 です。


練習問題

問題番号 [0027]

所有権保存の登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 所有権の登記がされていない建物について、その所有権が自己にあることを確定判決によって証明できる者は、当該建物の所有権保存の登記を申請することができる。

2 土地の登記簿の表題部に被相続人が所有者として記載されている場合において、その相続人が複数あるときは、共同相続人の1人は、自己の持分についてのみ所有権保存の登記を申請することができる。

3 土地収用法による収用によって土地の所有権を取得した者は、直接自己名義に当該土地の所有権保存の登記を申請することができる。

4 1棟の建物を区分した建物の登記簿の表題部に記載された所有者から所有権を取得したことを証明できる者は、直接自己名義に当該建物の所有権保存の登記を申請することができる。

解答と解説

1 正しい。裁判所の確定判決によって所有権を証明できる者は、所有権保存の登記を申請することができるというのは、常識的に考えても、「正しい」と判断できるはず。

2 誤り。不動産登記法によれば、原則として、登記権利者である複数の相続人が、共有者として全員の持分を記載して登記を申請するものとされています。

3 正しい。これも選択肢1と同様、法律の手続きによって土地の所有権を取得した者は、所有権保存の登記を申請することができるというのは、常識的に考えても「正しい」と判断できます。

4 正しい。「1棟の建物を区分した建物」というのが聞きなれない言葉ですが、マンションのことです。この問題文は、マンションを買った場合をイメージすれば分かりやすいと思います。

この問題の正解は 2 です。


練習問題

問題番号 [9849]

宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 分譲共同住宅の広告について、広告スペースの関係からすべての住宅の価格を表示することが困難であるときは、最低価格、最高価格、最多価格帯及びそれらの戸数が表示してあれば、不当表示となることはない。

2 建築基準法第42条に規定する道路に適法に接していない宅地を販売するときは、「道路位置指定無」と表示していれば、「再建築不可」又は「建築不可」の表示をしていなくても、不当表示となることはない。

3 売約済みの物件の広告を行い、顧客に対しては別の物件を勧めたとしても、売約済みの物件が実際に存在するのであれば、不当表示となることはない。

4 窓その他の開口部が建築基準法第28条(居室の採光及び換気)の規定に適合しない納戸について、その床面積が一定規模以上であるときは、居室として表示しても、不当表示となることはない。

解答と解説

1 正しい。最多価格帯も必要なことと、戸数も表示しなければならない点に注意しましょう。

2 誤り。建築基準法第42条に規定する道路に2メートル以上で接していない土地は、再建築不可または建築不可と表示することが義務になっています。

3 誤り。問題文冒頭の「売約済みの物件の広告を」という時点で、いきなり不当表示防止法の規定に違反していると判断できます。

4 誤り。規定に適合しない納戸を居室として表示してはいけません。

この問題の正解は 1 です。


以上、掲載された解答・解説の内容は、弊社編集スタッフの解答例や解釈です。

宅建試験の問題集の売上げランキング!

 

宅建合格講座