宅建合格講座
練習問題

問題番号 [0038]

宅地建物取引業者Aの行う広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1 Aが、都市計画法第29条の許可を必要とする宅地の分譲をする場合、Aは、その許可を受ける前であっても、許可申請中である旨表示して、その宅地の分譲の広告をすることができる。

2 Aが、宅地建物取引業法第65条第2項の規定により業務の全部の停止を命じられた場合でも、Aは、停止期間経過後に契約を締結する宅地については、停止期間中に、その販売の広告をすることができる。

3 Aが、建物の貸借の媒介をするに当たり、依頼者からの依頼に基づくことなく広告した場合でも、その広告が貸借の契約の成立に寄与したとき、Aは、報酬とは別に、その広告料金を請求できる。

4 Aが、建物を分譲するに当たり宅地建物取引業法第32条の規定に違反して誇大広告をした場合は、その広告をインターネットを利用する方法で行ったときでも、建設大臣又は都道府県知事は、Aに対して監督処分をすることができる。

解答と解説

1 誤り。許可申請中の段階では広告できません。

2 誤り。当たり前ですが、販売の広告を打つのも業務ひとつです。業務の全部の停止を命じられた場合は広告も出来ません。

3 誤り。依頼者からの依頼もないのに広告を出して報酬を請求したりしてはいけないのが原則です。

4 正しい。インターネットでも誇大広告は取り締まられます。言うまでもないことですね。これが正解の選択肢とは易しい問題ですね。

この問題の正解は 4 です。


練習問題

問題番号 [0039]

宅地建物取引業者が、宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項について説明をする場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 建物の貸借の媒介において、当該貸借が借地借家法第38条第1項の定期建物賃貸借である場合は、貸主がその内容を書面で説明したときでも、定期建物賃貸借である旨を借主に説明しなければならない。

2 建物の売買の媒介において、売主が瑕疵担保責任を負わない旨の定めをする場合は、その内容について買主に説明しなければならない。

3 建物の貸借の媒介において、借賃以外の金銭の授受に関する定めがあるときは、その額及びその目的のほか、当該金銭の授受の時期についても借主に説明しなければならない。

4 建物の売買の媒介において、買主が天災その他不可抗力による損害を負担する旨の定めをする場合は、
その内容について買主に説明しなければならない。

解答と解説

1 正しい。重要事項で説明すべき内容です。

2 誤り。第37条で規定されている書面に記載する内容です。

3 誤り。金銭の授受に関する事は重要事項で説明すべき内容ですが、その時期については規定されていません。

4 誤り。危険負担は第37条で規定されている書面に記載する内容です。

この出題ですが、例えば、金銭の授受に関する事と金銭の授受の時期は、普通は一体になっている重要な事柄だと思いますが、このように法律(業法)では定められているのだという程度に思っておいて良いでしょう。

この問題の正解は 1 です。


練習問題

問題番号 [9934]

宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBと土地付建物の売買契約を締結しようとする場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、この問において「重要事項説明書」とは、同法第35条の規定に基づく重要事項を記載した書面をいうものとする。

1 当該建物の敷地の一部に甲市所有の旧道路敷が含まれていることが判明したため、甲市に払下げを申請中である場合、Aは、重要事項説明書に払下申請書の写しを添付し、その旨をBに説明すれば、売買契約を締結することができる。

2 Bが、当該建物の近所に長年住んでおり、その建物に関する事項を熟知していると言っている場合、Aは、Bに対して重要事項説明書を交付すれば、重要事項の説明を行うことなく、売買契約を締結することができる。

3 損害賠償額の予定及び違約金について、Bから提示された内容のとおりとする場合、Aは、重要事項説明書に記載してその内容を説明することなく、売買契約を締結することができる。

4 Aが、遠隔地に住んでいるBの了承を得て、「Bが希望する時期に説明をする」旨の条件付きで重要事項説明書を郵送した場合で、Bから希望する時期を明示されないときでも、Aは、重要事項の説明を行った後に限り、売買契約を締結することができる。

解答と解説

1 誤り。申請中の段階では売買できません。少なくとも払い下げの承諾は必要になります。

2 誤り。重要事項は必ず説明しなければなりません。書面を渡すだけでは不充分とされています。そもそも、問題文に「近所に長年住んでおり…熟知していると言っている」などと書いてあるのがひっかけ問題のような印象ですね。

3 誤り。重要事項は「必ず」説明しなければなりません

4 正しい。「重要事項の説明を行った後に限り」という部分がポイントです。売買契約を締結できます。

この問題の正解は 4 です。


以上、掲載された解答・解説の内容は、弊社編集スタッフの解答例や解釈です。

宅建試験の問題集の売上げランキング!

 

宅建合格講座