宅建合格講座
練習問題

問題番号 [0049]

土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 地すべり地の多くは、過去に地すべり活動を起こした経歴があって、地すべり地形と呼ばれる独特の地形を呈し、棚田等の水田として利用されることがある。

2 樹木が生育する傾斜地では、その根が土層と堅く結合しても、根より深い位置の斜面崩壊に対しては、樹木による安定効果を期待することはできない。

3 谷出口に広がる扇状地は、土砂・礫が堆積してできたものであるため、地盤は堅固でないが、土石流災害に対しては安全であることが多い。

4 自然堤防の背後に広がる低平地は、軟弱な地盤であることが多く、盛土の沈下が問題になりやすい。

解答と解説

1 正しい。地すべり地は地盤が不安定で(だからこそ「地すべり地」なのですが)住宅としては適当でありません。しかし、問題文のように水田として利用される「ことがある」と、その可能性を問われると、回答は「正しい」ということになります。

2 正しい。問題文の通りです。

3 誤り。扇状地とは、川が山から平地へ流れるところに、扇形に土砂や礫が厚く堆積してできた土地のことです。地盤は固いといえますが、土石流災害に対しては安全であるとは言えません。

4 正しい。自然堤防の後ろということで常識的に判断できます。

この問題の正解は 3 です。


練習問題

問題番号 [9949]

土地の地形に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 地形図で見ると、急傾斜地では等高線の間隔は密になっているのに対し、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔は疎となっている。

2 地すべり地については、上部は急斜面、中部は緩やかな斜面、下部には末端部に相当する急斜面があり、等高線は乱れて表れることが多い。

3 崖錐(がいすい)は、谷の出口付近において傾斜の緩い扁平な円錐形状の地形を形成しており、谷出口を頂点とする同心円状の等高線で表されることが多い。

4 断層地形は、直線状の谷、滝その他の地形の急変する地点が連続して存在するといった特徴が見られることが多い。

解答と解説

1 正しい。等高線とは、地形の高低や傾斜の緩急を地図に表すため、標高の等しい点を連ねた地図上の曲線のことです。

2 正しい。問題文の通り、等高線は不自然に乱れた線になります。

3 誤り。崖錐とは、 急傾斜の山麓に風化した岩石片などがすべり落ちてできた半円錐状の堆積物のことです。

4 正しい。断層地形とは、本来ひと続きの岩体や地層が断たれて、ずれを生じている地形のことです。断層地形の特徴は問題文の通りに覚えておけば良いでしょう。

この問題の正解は 3 です。


練習問題

問題番号 [9950]

建築物に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 鉄筋コンクリート造の柱については、主筋は4本以上とし、主筋と帯筋は緊結しなければならない。

2 枠組壁工法は、主に柱の耐力によって地震などの外力に抵抗する方式であるため耐震性が高い。

3 自然換気設備を設ける場合においては、給気口をできるだけ低くし、排気口をできるだけ高くするのがよい。

4 杭基礎は、建築物自体の重量が大きく、浅い地盤の地耐力では建築物が支えられない場合に用いられる。

解答と解説

1 正しい。問題文の通り覚えておきましょう。

2 誤り。枠組壁工法とは、木造住宅の建築工法のひとつで、柱ではなく、製材で組まれた枠組に構造用合板などを張った壁が相互に緊結されることで建築物全体を一体的に強剛なものとしています。枠組に使う製材の寸法は厚さ2インチ×幅4インチというサイズが一般的なのでツー・バイ・フォー(2×4)と呼ばれています。

3 正しい。これも問題文の通り覚えておきましょう。

4 正しい。杭基礎とは、直下の地盤が軟弱な場合に、コンクリートの杭を深く打って下にある堅い地盤で建物を支える基礎の方法です。

この問題の正解は 2 です。


以上、掲載された解答・解説の内容は、弊社編集スタッフの解答例や解釈です。

宅建試験の問題集の売上げランキング!

 

宅建合格講座