宅建合格講座
宅建合格講座 > 宅建合格ガイド > 合格アドバイス(1)

試験対策の基本スタイル

教科書となる基本書(参考書)を読んで問題集(過去問や予想問題)を解く。そして、これを3回繰り返すこと…よく語られるパターンですが、これが基本となるパターンで、スクールに通う場合でも通信教育を受ける場合でも独学で勉強する場合でも、これがすべてなのです。

他に考えられるものとしてはサブノートを作ってみるなどの作業がありますが、これは後述します。とにかく「基本書を読む→問題を解く」という地味な作業を繰り返す以外に特効薬はないようです。

ちなみに私は今まで、3ヶ月で合格した人には会った事がありますが、例えば講義を聴いただけで合格した人や問題集1冊やってみただけで合格した人には会ったことがありません。

サブノート・マニアの人へ

宅建に限らず受験勉強などで、サブノートを作って自分なりに要点をまとめるという学習の進め方が知られています。

この自分だけのサブノートが出来あがるのが大好きな人も多いようです。確かにサブノートを作製する過程で頭に入る事柄や暗記できてしまうことも少なくないので、一概に否定することはできません。

しかし、宅建の試験対策としてサブノートを作り上げるには大変な労力と時間がかかりますし、宅建は範囲の広い試験ですので「いつまで経ってもサブノートが完成しない」という長期戦になる可能性があり、必ずしも効率的とはいえないようです。

時間にあまり余裕のない人は、暗記するときの手助けとしてのメモ書き程度に留めておいてはいかがですか?

続きを読む 合格アドバイス(2)

宅建合格ガイド | 宅建Q&A | 合格アドバイス(1) | 合格アドバイス(2)
科目別合格ガイド | 三ヵ月で取る宅建 |  やっぱり短期決戦でいこう!


宅建合格講座のホームページへ戻る

 

 

宅建合格講座