宅建合格講座

権利関係

権利関係の分野は民法が10問、借地借家法、不動産登記法が2問づつ、それに区分所有法などが1問の、計15問出題されます。この分野は「債権者Aが債務者Bに対し…」などの事例式問題が多くなっているのが特徴です。こうした事例式による問題は、単純な暗記のみに頼る学習法では対応できないことが多いと思われます。民法を中心になぜこうした決まりがあるのか、なぜこの場合の当事者は保護されるべきなのかというという法律の主旨を理解しておく必要があります。権利関係は出題比率以上に、もっとも時間を掛けるべき科目であると考えておいてください。

権利関係

練習問題1 練習問題2 練習問題3

宅建試験の参考書の売上げランキング!

 

宅建合格講座