宅建合格講座

宅建の試験科目

これから宅建の学習を始める人のために、試験科目にそって各科目の合格のコツをアドバイスしましょう。各科目の学習を進めていくイメージをつかむことが出来ると思います。

まず権利関係は相当に時間をかけなければ合格に充分な得点を挙げられるようになりません。近年は特に難しくなったとの声も聞こえてきますし、ここまでの知識が本当に必要なのかといった疑問さえあります。しかし、権利関係、特に民法はある程度理解していて損の無い知識であるといえますので、あせらないで学習して下さい。

法令上の制限は逆に、知っていても普通の生活ではあまり活かせる知識ではないかもしれませんが暗記すればすぐにでも問題が解けるようになる即効性のある科目です。都市計画における知識や建築基準法の知識はニュースの理解やまちづくりの視点などいろいろな場面で役に立ちますのでぜひ頑張ってみて下さい。

宅建業法は自分が主任者として仕事に従事する将来や不動産業を営む場合をイメージすると理解が早まります。この権利関係・法令制限・宅建業法で、出題の80%を占めています。試験対策の時間が限られている人は効率良く学習効果のあがる時間配分を考えましょう。

各科目について詳しいアドバイスは下記の各ページを参照して下さい。

宅建合格ガイド | 宅建Q&A | 合格アドバイス(1) | 合格アドバイス(2)
科目別合格ガイド | 三ヵ月で取る宅建 |  やっぱり短期決戦でいこう!

 

宅建合格講座